いつの間にか使っていない間に工具が錆びていました。

なので時間をかけ100均のペンチを磨き上げました。

下記動画はペンチを磨いてる工程です。


短くまとめて編集しているので是非ご視聴してみてください。












電動やすりで磨く


磨く前のペンチです。



研磨前のペンチ




以前にDIYで使うためにアマゾンで購入したコンパクトな電動やすりを使います。

この電動やすりは小さな穴開けもでき、結構便利です。

最初の粗削りだけに使用しましたが、人力よりもスムーズに研磨できました。



電動やすりでペンチを研磨



頑固な錆は人力よりも電動の方が良いと思います。

手で磨くと気が遠くなります。

電動やすりは刃先も変えられるので細かい部分も削れます。



細い刃先の電動やすり




紙やすりで磨く


後はひたすら紙やすりで削るだけですが、一番労力を使います。

自分は研磨慣れしていないので、後半はへばってしまっています。

最初の電動やすりで綺麗に研磨しておかないと仕上がりがいまいちになります。




紙やすりでペンチを磨く



そして、小さい物は紙やすりで磨きずらいです。

半日ほど磨きに時間を使い、終盤で研磨のコツを掴みかけましたが時すでに遅し。。





ピカールで磨く





紙やすり#1500番で研磨を終えてからペンチに輝きが出たのを確認して、シルバーアクセサリー用のクロスを使ってピカールで磨きます。




ペンチをピカールで磨く



ピカールは研磨剤なので独特な匂いがしました。





磨き終了





超ピカピカとはいきませんが、少しだけ輝きを取り戻しました!

購入したときはこんなに輝いていなかった気がします。




ペンチの研磨終了



最後に研磨前と比較してみます。



ペンチの研磨比較




研磨も素人なのでこのくらいしか輝きを出せなかったのですが、気合をいれて時間をかければ鏡面磨きのように磨くことも可能だと思います。


それにしても時間がかかりました。



是非、皆さんの感想もコメントにてお聞かせください。



磨いてみて






研磨は地味な作業ですが最初の工程でじっくりと時間をかけて磨いていくと、仕上がり時に満足する結果が出ると思います。


しかし研磨疲労をおこしすので実践する方はご注意を。


使っていない部位が筋肉痛になりました。


最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!!





厚かましいですが、YouTubeでは面白そうな工作や気になったDIYの動画をUPしてるので是非YouTubeとブログのチャンネル登録をお願いします!



ペンチを研磨している工程の動画↓